2016年03月29日

「鉄血のオルフェンズ」25話「鉄華団」感想の続きです。思ったこと一杯、書き散らし

ちょっと今日もゆったりしてたらもうこんな時間!
オルフェンズの感想の続き、いきます!それと自分の時間の使い方が下手で昨日またトラバ下さってる方のブログきちんと読めてなくて、明日でもまたゆっくり読みにお伺いに参ります!(トラバありがとうございます!
ネタバレOKな方のみ続きをどうぞ!

スポンサードリンク








そう、クランク二尉が死んだとこのオルフェンズは見たんです。3話?か2話?かな?つい一昨日?くらいに。ほんとに前半部分見れてなかったので見ておいてよかったです。アインとガエリオの死に方が(ガエリオはあえて死んでるかどうか謎っぽいとこありますが…)クランク二尉の死に方に被せて描いてる感じがして。
ガエリオはもしかしたらもしかすると二期にアインみたいな出方をするとか無いかな…(無いか…

やっぱりマッキーはガエリオを生かしておく気が無かった。仮面を取った時に予想してたんですけどねぇ…
ガルマに真実を告げるシャアさながら、自分のやりたい事について語りたいだけ語って殺し、去る。


何かに似てるなぁと思ったら鉄血のオルフェンズ、ちょっと三国志に似てる。三国志になぞらえてみる、とか…もう誰か語ってるかもですけども…

劉備の成り上がり始めってなんとなく鉄華団の始まりと似てる感じがします。小奇麗な吉川版じゃなくて北方版のほうですけど。そこらのはみだし者とかやくざ者を集めて徒党を組み、成り上がっていったのが似てて、まぁ北方版の劉備は小心者で生存本能に忠実で、自分一人だけでも生き残りたがりでしたから妻子を捨てても逃げる、ってタイプでしたけど(だから荊州行きの時に趙雲が阿斗を助ける、という話が出来てくる)しかも吉川版と違ってついてきた10万の民を盾に使う、みたいな描かれ方でしたけど、オルガは全然違いますけどね!?
「ここから先は生きてる奴は絶対死ぬなよ!!」が凄く心に響きました。言いたくても言えなかった言葉。重いですね。

で、名瀬との義兄弟の誓いがこれまた桃園の契りみたいな。任侠モノみたいでしたし。
ちょっと三国志みたいだよねっていう。(だから銀英にも似てるんだけど)
で、三国志みたいな戦争では戦術戦略に関しては軍師とか参謀とか(ビスケットポジション)確かに大事なんですけど、ことガンダムの世界の戦争ではモビルスーツ戦に関しては操縦者の技量が一番、戦争の白黒つけるのに大事なので。クランク二尉が決闘を申し込んだみたいに(カルタの最後の願いは無視されたけども…その前に空から突貫してるからまぁしょうがないかな…)軍師・参謀ポジションとMSの操縦者ポジションは代替のように考えてみていい部分もあるのかなぁと。
もちろん、それとは別に全体の戦況を把握して、勝てるよう戦略を立てる。とかも大事なんでしょうけど。そう考えると次期ビスケットポジションは誰がそうなるのか、少し気になりますね。
ギャラルホルンサイドはマクギリス…全体の戦略構想、といっても政争・戦争含めてなんでしょうけど。

しかしグリムゲルデ強いなぁ。特殊な機体には見えなかったけど…出てきたばかりならまだ何か秘密があるのかもですね。公式には「厄祭戦末期に開発されたヴァルキュリア・フレーム」としか無いですが。

アインの最期はしかし、ずっと一人語りしながら「敵」を上から目線で見下ろしまるで自分が神になったかのような全能感を放出してるとこが狂気じみていてこれが阿頼耶識とMSの一体化の副作用なのか。と思うほどで。
こないだ見た相棒の「神の憂鬱」をちょっと思い出しましたねー。
自分がそこらの他人より優位に立っているという(どこか間違った)全能感。
(そんなアインの台詞が)全く効いてないとこが三日月のいいとこですけど。むしろ逆に力にしている気も。
ただ脳へのダメージと右半身の麻痺は心配ですね。今後、物語にどう影響を与えていくのか、気になります…。

クーデリアは政治の人というか外交の人ですね。言葉で戦争を止める。その力を出せる人。だからこそ狙われたり殺されそうになったりもあるけど、暗殺される(されそうになる)ほどの人というのは(前にも相棒の記事で書いたけれど、)暗殺されてもされなくても結果として歴史に名を残す。暗殺する側の人間(テロリスト)というのは暗殺することでしか歴史に名を残せない。この差は大きい。
クーデリアにはもっともっと、地球と火星の新しい歴史に名を残す仕事をしていってもらいたいですね。言われずとも、って感じでしょうけど。

毎回毎回、書き散らしですみません。最後の名瀬とオルガのやり取りも明言だらけだなぁ…。
はー。早く二期見たいですね!


スポンサーリンク


posted by みずほ at 03:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 好きなアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みずほ様、こんばんは^^またまた遊びに来ました!

なんだかとてもお忙しそうですね…大丈夫ですか?ご心配していただいた身の私が言うのもなんですが、みずほ様も身体を壊さないよう、自分を労わってあげてくださいね。

オルフェンズ終わりましたね(二期ありますが)。鉄華団のほうは、想像以上にきれいに、ハートフルに終わることができたのでホッとしました。逆にギャラルホルンは…って感じでしたが;;
確かにアインの狂気には人ならざるものっぽくて、哀しいやらやるせないやら…阿頼耶識の怖さを改めて思い知りました。だからこそ、右半身がマヒした三日月のことも心配です><

不安・心配も多いですが、オルフェンズがまだまだ続くのがうれしくもあり、今から二期が楽しみです♪
Posted by まりお at 2016年03月31日 18:43
まりお様こんばんは!こんばんは!
時間の使い方が人さまの10倍ほど下手っぴーなだけでして、忙しいわけではないので大丈夫なんですよ!
まりおさんの方が、お忙しい上にコメント沢山!お友達沢山!なので、自分の分は後回しでも、暇な時でもいつでも構いませんのです!お気遣い、ありがとうございます!

三日月のことは心配ですね。コードギアスのような終わり方だったら辛いなぁ…と今から不安ではあります。
何よりガエリオがあんな事になってしまってまりおさんが心配ですよ!

二期にも出てきてくれるといいですねぇ…凄く期待してしまいます!
Posted by みずほ at 2016年04月01日 01:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話(終) 『鉄華団』 クーデリアの戦いはこれからだ!そして鉄華団の戦いもまだまだ続く!!
Excerpt: クランク二尉を手に掛けた罪深き子供!!誰そいつ?三日月全然覚えていませんでしたね。 他方でガエリオに正体バラしたマクギリス。何故だ、意味が分からない。カルタを死に追いやったのも今自分と対峙しているのも..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2016-03-29 16:06

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。