2016年05月03日

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「激突・赤い彗星」第5話感想!

こんばんは!今日はガンダムユニコですね。一番感想とかあらすじとか書くのが苦労するアニメですw今回もネタバレ多いのですので見ても構わない方のみどうぞ!

スポンサードリンク








どうにもこうにも勢力がいくつも絡み合って大人の事情が飛び交いすぎて、自分の意思で決めたつもりでも流されるままにあちこちの陣営を彷徨ってるように見えるバナージですね。
バナージの身体能力はかなり高いと思うんですよ。ニュータイプである、とかそう言う事とは別にマリーダたち3人組とインダストリアル7でミネバを逃がすために最初の追いかけっこをした時のあれを見た感じ、少なくともマリーダと同等かそれ以上の身体能力だと思えました。
なので、サイコフレームで構成されているユニコーンを思考だけで制御出来る、と言うならパイロットとして最低限必要な訓練とか操作をすっ飛ばしていい訳ですから、乗り手としては身体能力が高ければ十分にユニコーンを操れる訳です。マリーダのクシャトリヤをインダストリアル7の外に押し出した戦闘の時には割と発揮されてたように思います。
ただやっぱり経験値が足りてませんね。ユニコーンには超火力のビームマグナム15発分の火力があるんですがシナンジュとの最初の戦闘時にかなり無駄撃ちしてます。
さてお姫様ミネバを捕虜としてネェル・アーガマへの攻撃を止めるようにフル・フロンタルと交渉していたダグザですが、人質としてのミネバの価値は認められずラプラスの箱(ユニコーンガンダム)を渡すよう逆に要求される。3分だけ、交渉の時間を待つというフル・フロンタル。
今のうちにユニコーンの電装部品を壊すべきだと言うアナハイム社のアルベルト。所詮カギであって箱ではないのだからと。
ネオ・ジオンに打撃を与えたいなら自分を殺し、カギを壊せばいい、というミネバ。バナージがそれに割って入るがミネバはあくまでもジオンの代表としてのミネバ・ザビの立場を崩さない。ダグザは子供の立場で物を言うなと一蹴するが、バナージは自分が子供ならオードリーも子供だろうと言い返す。
ここでフル・フロンタルからの期限の3分が過ぎ、ネェル・アーガマ撃沈の運命は決まったかに見えた。
ここで死ぬくらいなら箱なんて渡してしまえばいい、と言い張るバナージ、箱をネオ・ジオンに渡した結果もっともっと大勢の人が死ぬ結果になることに、お前は責任を取れるのか?とダグザに聞き返される。こういうところがまぁ子供って言われちゃうんでしょうね…。でも大人も誰も責任を取りたがらない。
シナンジュをやっつければオードリーが人質にならないで済む、という短絡思考の結果バナージはユニコーンで出撃する。

シナンジュとやり合っていたMS隊だが錬度が違いすぎて勝負にならない。リディ・マーセナスはシナンジュに殺される一歩手前で割りこんできたノーム隊長を殺された。
アルベルトはアーガマが落とされるまでの時間を稼ぐためにバナージを援助して発進させたようである。またしてもその件で「箱をくれてやるようなものではないか」とダグザに怒鳴られるも「所詮ただのカギなのだし壊されても箱は開かないので問題ない」とし、バナージにNT-Dなどを説明する。そしてユニコーン発進。
ここからが絶賛ビームマグナム無駄撃ちですね。アンジェロが逆ギレして戦場に参加してきます。
「当たらなければどうという事は無い」なつかしーー!台詞とともにフル・フロンタルが迫る。蹴り倒される。NT-D発動。
接近戦ではまだまだ百戦錬磨のフル・フロンタルのシナンジュのほうが分があるようでリディと挟み込んでようやくシナンジュの足を片方、ビームマグナムで傷つける事に成功。
深追いするユニコーンに、リディが止せと忠告するも背後からクシャトリヤが出てきて殴られ、強い衝撃でバナージは意識を失い、NT-Dは切れる。意識を失うギリギリまでバナージはオードリーを案じていた…。

ミネバは自分達はスペースノイドの怒りの受け皿として容認されてきたという。でも連邦はネオ・ジオンとの関係を清算したいのかもしれない、だからラプラスに手をつけたのだと。
また、自分は自分の家からは逃れられない、戦争がまた起きようとするなら止める義務と責任があると言う。
また統一政府の首相だった先祖を持つリディの家について、ミネバも考えるのだった。

一方パラオの総督がジオンの熱烈なシンパなためパラオに連行されたバナージはフル・フロンタルと対面する。ア・バオア・クーの部屋を模した大きな部屋の中に彼は居た。ミネバ救出についてマリーダに早まらないように諭す。

次回は「その仮面の下に」です。

スポンサーリンク


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
Excerpt: 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第5話を見ました。 第5話 激突・赤い彗星 オードリーの正体が「ミネバ・ラオ・ザビ」である事に気付いた地球連邦軍特殊部隊エコーズのダグザ..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2016-05-03 05:46

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第5話 『激突・赤い彗星』 ユニコーン正式出撃!そしてシナンジュと激突!!
Excerpt: その威厳のある話し方は紛れも無くミネバ・ザビ。体制側が「テロリスト」と断じる相手に対し人質を取る。他に手がないとは言え無様ですね。しかも交渉相手のフル・フロンタルに言い負かされた上、当の人質であるミ..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2016-05-03 06:46

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。