2016年09月21日

「甘々と稲妻」第12話・最終話「あいじょーたっぷりお好み焼き」

しのぶと小鳥は新宿でお買い物帰り。小鳥はつむぎを連れた喪服の公平を発見してしまう。「もう1年か…」またネタバレしてますので宜しくです。
「ごはんどころ 恵」で洗い物中の小鳥。19:20。先生とつむぎはもうご飯食べたろうか?

家について一息入れていた公平はお腹の鳴る音で目を覚ます。疲れていた公平はつむぎと外で食べる事に。ファミレスか…ラーメンか…パスタか…つむぎがいい匂いがする!と立ち止ったのはお好み焼屋さんだった。と言う事で今日の夕食はお好み焼き。だが、混ぜ混ぜと自分でジュージュー焼くのがしたかったつむぎは結構がっかり。「おとさんに騙された」と言い出す始末。青のりを自分で入れると入れ過ぎて容れ物ごとお好み焼きに落としてソースべったり。おとさんのと交換するから、と言っても聞かずに大声で泣き出しお店中の注目を集めて殆ど食べれずに外に出る事に。

翌日の幼稚園でもつむぎは元気がない。公平の方を向かずに適当に後ろ手でばいばい。

スポンサードリンク








公平はいつもの秘密の場所で小鳥と話すも、つむぎが気になって上の空。やっと小鳥の母親の都合がついたので、来週はご飯会に参加したいとの事。元気がない公平に事情を聞いた小鳥は、ご飯会はお好み焼きにしようと言い出す。はたしてつむぎはのってきてくれるのか?

幼稚園からの帰り道、ゆかちゃんとミキオ君のママの話をするつむぎ。ゆかちゃんのママは優しく、ミキオくんのママは鬼らしい。公平は、理由もなく怒らないけどつむぎがいけない事をしたら叱るよ、と。でもジュージューしたかったんだもん!と言うつむぎに、今度のご飯会はお好み焼きにしよう、という公平。しのぶと小鳥母も来る事を伝えるとちょっと楽しみになった様子。

ごはんどころ・恵に行くとしのぶがつむぎを抱っこ。小鳥は暗い顔。母が仕事の都合でやはり出かけてしまったらしい…。そうなの?と言いつつそこに来たのは八木ちゃん。小鳥と公平はレシピ通り豚イカ玉のお好み焼き、八木としのぶはアレンジお好み焼きにチャレンジ。

出汁を取って冷やし、ボウルに薄力粉を振ってダマにならないように少しずつ出汁と混ぜ合わせる。つむぎはダマにならないお呪いを踊ったら八木ちゃんにバカにされたのでそっちを見に行く。大和芋を擦って寝かせたら生地を混ぜ合わせ。公平はキャベツを切り始める。つむぎは八木の包丁捌きを見て感動してるらしく帰ってこない…。寂しいですね…いやー…上手な人の手さばきは見てて楽しいですからね…。

小鳥こそ、母が来なくて寂しくないのか?と聞く公平に、忙しいのは判ってるし仕事は大事です、と小鳥。ただ、今日だめって教えてくれるのもっと早くてもいいのに、って蔑ろにされた気がして。ネギを切りながら耳が痛い公平は、きっと蔑ろにしている訳じゃない、ちょっと余裕が無かったんじゃないかな、と公平。いつも大事に思ってるって、伝えるのも実行するのも難しいですね。自分と重ねてそう思う公平。親の心子知らずってことかな…でもいいかな。知らないくらいがいいかな。余りに親心を察し過ぎて悩ませても可哀想だ。君みたいに。それ褒めてませんよ?!と小鳥。その時隣の部屋から凄い音が。

つむぎの足が切ったキャベツを入れたボウルに当たってしまい、引っくり返してしまったのだ。「お前邪魔!あっちいってろ!」と言われてつむぎしょんぼり。せふせーふ、洗えばOK!というしのぶ。「つむぎ、ごめんなさいは?」不貞腐れたつむぎは小さい声で「…ごめんなさい」つむぎ、怒られるの嫌いか?と聞く公平に肯くつむぎ。おとさんも怒るの嫌いなんだよ…そうなの?!そう。でも今のはつむぎが悪いことしたって判るよね?お父さん言ったよね。つむぎがいけない事をしたら叱るって。つむぎは怒られるの嫌いだしお父さんも怒るの嫌いだけど、行けない事したら頑張って叱ります。でもこの前のお好み焼屋さんはお父さん、上手に叱れなかった。それはごめんなさい。つむぎもごめんなさい!

つむぎはお父さんのお好み焼きを混ぜるお手伝い。歌を歌いながら3人で。混ぜた種をフライパンで広げて、ジュージュー焼きながら豚バラ肉を乗せて。ひっくり返したら蓋をして、最後にもう一回引っくり返して焼けば出来上がり。ソースをたっぷり塗って、マヨネーズを掛けたら、最後は串で綺麗にマヨネーズの模様を描いて。出来た!次焼いてるから食ってて良いぞー熱いうちに食っちまえ。と八木ちゃんが言ってるとそこに小鳥母登場。

なんだか生真面目な挨拶合戦の末、お座敷を準備するね、と言った母はコートを脱いだら女子高生の制服だった…。急いでたので衣装のままだったという。焦って着替えてくる母である。

つむぎ・小鳥・公平作の豚イカ玉から食べ始めて、八木が牛スジ入れたやつと小鳥母がキノコ入れたやつもいただきます!お店より美味しい!なんでなんで?!というつむぎにつむぎちゃんのお父さんが愛情たっぷり入れて作ったからですよ!と言うと公平咳込み、美味しいって愛情?!つむぎ、一杯食べてんだね!と笑顔。美味しいな。美味しいね!


うーん。つむぎは可愛いんだけど、子供独特の我儘な感じは苦手と言うか。もともと自分が子供苦手な人でもあるから余計そうなのかもなんですけど。ファミレスとか電車とかみたいな公共の場所で大声で泣き出しちゃう子供の五月蠅さは凄く苦手ですね…それも結構今回は、自分の思った通りの事が満たされなくて我儘行動した挙句に公平に怒られて泣く、っていう自分が一番苦手パターンかもしれないw
素直に謝って仲直りするとことか見ると可愛いなって思うんだけど、確かにこういうのファミリー層が見る時間帯で流したら賛否両論になったりするのかなぁ。まぁそれも今回で最終回でとりあえずお終いですね。
また10月以降に見るアニメも考え中なのですが、今月で終わるアニメが結構一杯あるので(と言うか今見てるのほぼ全部かもしれない)10月開始分までの間に何を見るかなどの記事を入れていきます!


スポンサーリンク


posted by みずほ at 00:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甘々と稲妻 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。