2016年02月27日

ざざっと今気になっている好きな漫画などなど雑記

割とつい最近までWジャンプを購読してたんですが、最近あまり買わなくなってしまいました。
どうも自分が好きな漫画はよく、WJ以外の雑誌に移ってしまうんですね。
ワートリこと「ワールドトリガー」は割と好きでした。
あとジャンプ系で今年気になる漫画の1つは再アニメ化が決まってると聞きました、「D.Gray-man 」です。
昔から好きですねー読んでてせつないですけども…。

あとずっと買ってる雑誌は月刊別冊マガジンで、「進撃の巨人」を機に読み始めました。
読んでみたら意外と(失敬)面白い漫画が何本もあって、思わぬ拾いものというか。
「リアアカ」は移っちゃいましたけど、「アビス」と原作をひたすら1巻の最初から10年以上も追いかけている「アルスラーン戦記」と「トモダチゲーム」と「赤橙」と…読み応えある漫画がかなり多いです。

今までに終わっちゃった連載の中にももっと長く続けてほしかった作品がいくつかあって、月刊誌ならではのじっくり練られたお話と画面構成で、今後も当分続けて買うんじゃないかな?というお勧め雑誌です。
ただちょっと重い…!単純に重量がある!この雑誌で殴られたら大怪我しそうな厚みありますね…。

見る人によってはあまり関係ないだろうけど、「トモダチゲーム」はちょっとBL要素あるよね。
割と最初の方で友一が天智にキスしてた気がするし…
絵も綺麗なので確か見開き?でその絵見て割と萌えた気がする…。します。

あとは気になる雑誌が「ITAN」ですね。「昭和元禄落語心中」もそうなんですけど、「文豪ストレイドッグス」とかも気になりますし、ただ膈月刊だった気がするのでお手軽に本屋さんで購入できない感じでまだ手に入れられてないです。
気になってはいるので春にアニメが始まったらまた見るだろう!と思ってます。
連載陣が楽しみなので見かけたら勇気出して買ってみるんだ…!
posted by みずほ at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

気になるアニメ・石田彰さんと関智一さんと「昭和元禄落語心中」

別に腐女子!ってほど腐女子成分が多いわけじゃないんですが今日も少し、それっぽいお話です。
苦手な方はまわれ右で!
まぁ正確にはこの作品はBLじゃないんですけど。
そこはかとなく雰囲気はありますけど。

と言っても露骨な漫画とかアニメではなく、「昭和元禄落語心中」という漫画・アニメのお話です。
凄く去年から始まるのを期待して作者さんのツイッターとかこそこそ見たりしてて、1月から始まったら録画してるんですがある意味好き過ぎて1話しかまだ見てません…(なにそのへたれ

漫画の方は8巻まで読んで、ストーリーが大体先まで判っちゃってるって言うのもまぁ大きいんですけど。
どの役がどの声優さんになるかのオーディションで実際に落語を読んでもらって決めた、とかこぼれ話も楽しんでツイッター追いかけてたのに意外とこの体たらく。
全部終わったら一気見するかもです。

八雲さんの声が石田彰さんだったんで、20年前にTV版EVAの渚カヲル役からずっと好きだったものだからわくわくして1話を見たら、意外と(失礼!)与太郎役の関智一さんの「出来心」が凄かった。
ずっとツイッター追いかけてたら石田さんは「(審査)落ちたと思ってた」とか言ってるし、たまに他の声優さんに「風邪ひいてたんですか?」みたいなツッコミ入れられたりしてて面白いんですけど、関さんはもともと与太郎にイメージ的に決まってたんでしたっけ。
他の役が割とオーディション?みたいだったのかな?

自分はあんまり声優さん大好き!とかではないんですけど、というのも声優さんの顔をあまり、知りたくないんですね。
アニメはアニメとして、キャラの「役」で見たいので、別に中の人の顔とかは気にしないのです。
というか気にしたくないのです。

アニメというもの自体がデフォルメされて本物の人間より大袈裟な演技をするものだから、俳優よりも声優さんがその大袈裟な動きに声を充てる、向いているというのは凄く判るんですけど。
むしろ俳優さんがやると声が聞こえると同時に俳優さんの顔が浮かんでしまってイメージがおかしくなるのでやっぱり声優さんが良いです。(ジブリアニメにありがち…)
だからこそ声優さんの顔はあまり気にしたくないんですね。
絵のイメージで見ていたいので。

これは自分の考え方なので別にどうでもいいことなんですが!

でも好きな声優さんはやっぱり居ますし、落語を真剣に話す声優陣の頑張りを見るのも大好きです。
それはそれとして、このお話って語り始めるとまた小夏ちゃんとみよ吉さん女性陣に対して自分から見て思うところとか、八雲さんって助六大好きだよね。とか、好き過ぎてきりがないんですが。
落ち着いて時間取れたらゆっくり全部、通してアニメもきちんと見てみたい作品です。
posted by みずほ at 01:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

映画「同級生」感想

今日は男性の方はスルーして頂いても構いません、というかスルー推奨というか…
多分書き散らしてしまいます。腐った日記を…。

「同級生」というアニメ映画を見に行ってきました!前評判とか全然知らなくて。
最近はもうずっとJUNEとかそういうのも読んでなかったしで、ただ見に行きたい映画が出来たら(BLとか関係なく)観たいなぁ。という感じで、なんとなくニュースを見てたら飛び込んできた映像だけを見て見に行ってしまいました。

学生さんの恋(BLだけど)っていうのは良いですねー
久々にきゅんきゅんしてしまった。
もーめちゃくちゃピュアで可愛いというか。

昔と違って「人より秀でた人」「超人」「SFやファンタジー世界」じゃなくて、なんかリアル現在の世界のこういう、「あるかもしれない」お話って今とても読んだり見たりするのが好きです。
学生ものも好きだけど同じくらい多分リーマンものも好きかもしれない!
昔はなんか、もっとアニメや漫画でも、ありえない世界の秀でた人とかかっこいい人とかのお話が好きだったけど今は普通の人のお話がいい。

場内はやっぱり女子だらけで女子率99.9%くらいだったと思いますけど、正直誰でもいいから誰かお友達になって捕まえて語りたいくらいでしたけど、(迷惑!)男子にとってのガルパンっていうのかなぁ。もう一回見たくなる。みたいなお話でした。

割とご都合主義的なとことかもあって、乗物に弱い佐条君のピンチに王子様的に草壁君が現われて試験会場までバイクで送って行ってくれたりする。
こういうのって女子の普段からの憧れでもありますよね。
そういうのを男女でさっくりと表現するのがなんかアレで、性の違う男性同士に当て嵌めて理想を見ている、見たいなとこはあると思います。
性が違う以上絶対に理解は出来ない違う動物(変な意味で無く)に近いものがあるのでそこに理想とか夢を見てしまうというか。
でも綺麗な夢でした。
まだの方はぜひぜひ!お勧めですよ!
posted by みずほ at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。