2016年10月26日

2016年10月25日

「黒執事」第1期セレクション「その執事、万能」

シエルはマダム・レッドことアンジェリーナ・ダレスに執事のグレルを預けられていた。これがまたファントムハイヴ家の使えない3人の使用人を上回る使え無さである。セバスに鍛えてほしい、と置いていかれた訳だがそこらじゅうを壊す・汚すでシエルや使用人にまで被害が出る始末。セバスは美味しい紅茶の手ほどきをしてから余計な手間をかけないようにグレルにゆっくり休んでいるように命じる。またネタバレしてますので宜しくです。
続きを読む
posted by みずほ at 23:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒執事セレクション 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

「DRIFTERS」第三幕「俺軍 暁の出撃」感想

北方カルネアデス国境要塞。その北壁。安倍晴明は敵を恐れてまだ見えぬ空を見る。十月機関の恐れを見た壁の守護者たちはその臆病を笑うが、晴明は2日と持たないだろう、と見ていた。連れて来られた老人二人の力無しではここは持たないと考え晴明はそちらへ向かうが…またネタバレしてますので宜しくです。
続きを読む
posted by みずほ at 23:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | DRIFTERS 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

「船を編む」第二話「逢着」感想

辞書編集部では新人(?)が入ってきたので歓迎会である。主任の荒木、西岡、契約社員の佐々木(資料の整理と分類担当)、そして辞書の監修をして貰っている松本先生。松本は用例採集カードを常に携帯していて、知らない言葉や新しい言葉に出会ったらメモしている。
続きを読む
posted by みずほ at 23:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 船を編む 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

「文豪ストレイドッグス」二期 第15話「いつか海の見える部屋で」感想!

織田作が本を読んでいると話しかけてくる紳士が居た。上巻と中巻の話はいいのだが、織田作が持っていない下巻の話が酷いらしい。読んでいなかったのは良いことだ、続きはお前が書け。そうすればその小説を完璧なままにしておける。小説を書くとは人間を書く事だ。どう生きてどう死ぬかと言う事をだ。わしが見たところ、お前にはその資格がある。わしか?わしの名は…続きを読む
posted by みずほ at 23:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文豪ストレイドッグス 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

「夏目友人帳」伍 第3話 「祓い屋の手紙」感想

ある日の川べりを歩く夏目。アキアカネが飛んでいてもうすっかり秋。ニャンコ先生が塀の上を急いでいるのを見つけて夏目が声をかけると、気になる事があるといって一目散に走って行ってしまった。「ガキは家でじっとしてろよ!」と言い置いて。またネタバレしてますので宜しくです。
続きを読む
posted by みずほ at 22:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 夏目友人帳 伍 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク